【水出しコーヒーがまずい?】考えられる3つのワケ

※この記事はPRを含みますが、当サイトの厳格なプライバシーポリシーに則って制作しています。

【水出しコーヒーがまずい?】考えられる3つのワケ 水出しコーヒー

こんにちは、ハンドドリッ部のりょんじじです。

本記事では、「水出しコーヒーがまずい」と感じる時の3つの原因をお伝えしていきます。

コーヒーは、抽出方法を少し変えるだけでも味が変わる「気まぐれちゃん」なので、ぜひ気を遣ってみてください。

スポンサーリンク

水出しコーヒーが口に合わない人はいる

水出しコーヒーが口に合わない人はいる

前提として、水出しコーヒーは普通のコーヒーより「苦味」が抑えられた「まろやか」な仕上がりになります。

つまり、水出しはボディのある「深い味わい」にはなりづらく、「口に合わない」という人もいます。

ですので、

もっと濃いコーヒーが飲みたい

ということであれば、ハンドドリップで淹れるのがおすすめです。

水出しコーヒーがまずいときの考えられる3つの原因

水出しコーヒーがまずいときの考えられる3つの原因

では、本題に入ります。

水出しコーヒーが「まずい」ときに考えられる主な3つの原因は、下記の通りです。

水出しコーヒーがまずいときの原因
  • コーヒー豆の質がよくない
  • 抽出時間が長くなってしまっている
  • 水の量が多い/少ない

①コーヒー豆の質が良くない

まず、コーヒーの質がよくないケースです。

「高ければいい」というワケではないですが、焙煎してから日が経っていたりすると、味が落ちる原因になります。

また、水出し専用のサーバーで淹れている方は、

  • 豆は細挽きになっているか
  • 焙煎は深煎りか
    • シティロースト以上

この2点を確認してみてください。

②抽出時間が長くなってしまっている

続いては、「抽出時間」に問題があるケースです。

水出しコーヒーにも何種類か抽出方法はありますが、どれも「長すぎる」のはよくありません。

というのも、「苦味」も抽出されるからです。

大体、8時間くらいを目安に抽出を終えることが好ましいでしょう。

③水の量が多い/少ない

抽出する「水の量」も大切です。

ぶっちゃけ、めんどくさい部分ですが、水が多いと味は薄くなり、少ないと濃すぎてまずくなります。

りょんじじ
りょんじじ

学校の1クラスの人数みたいなもんですね(笑)

ですので、抽出する水の量も適量を心がけてみてください。

ちなみに

タリーズの水出しコーヒー」は、1パックで水500mlで抽出し、出来上がりは約400mlが理想と書いてありました。

りょんじじ
りょんじじ

ご参考までに。

さいごに

では、さいごにまとめです。

水出しコーヒーがまずいときの原因
  • コーヒー豆の質がよくない
  • 抽出時間が長くなってしまっている
  • 水の量が多い/少ない

ぜひ、水出しコーヒーをつくるときに意識的に確認してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました