【水出しコーヒー】普通の粉でつくるとパックより美味しいはホント?

※この記事はPRを含みますが、当サイトの厳格なプライバシーポリシーに則って制作しています。

【水出しコーヒー】普通の粉でつくるとパックより美味しいはホント? 水出しコーヒー

どうも、ハンドドリッ部のりょんじじです。

本記事では、粉から水出しコーヒーをつくってみた感想をお伝えします。

りょんじじ
りょんじじ

粉からつくる、というと…

(こんな感じで、ストレーナーに粉を入れて、直接つけるタイプのやつです。)

味に関しては、カンタンに言うと、

パックでつくるより、コクがあってスッキリ、という感じ。

また、豆の方が選択肢が多いので、より自分好みの味にできるのもおすすめポイントです。

スポンサーリンク

結論:水出しは粉からつくる方が美味しい

結論:水出しは粉からつくった方が美味しい

私・りょんじじとしては、水出しコーヒーは粉からつくる方が好きです。

りょんじじ
りょんじじ

興味がある方には、ぜひ試してほしいな~と思います。

コクがあってスッキリ。薄い感じがない

粉からつくると、コクがあってスッキリ、とお伝えしました。

もっと言うと、

薄い感じがしません。

「挽きたて」でつくるからというのもあるかもですが、きちんとコーヒーの味わいが抽出できるのも特徴です。

豆で遊べるのも楽しみの1つ

また、粉からつくると、豆による「味の違い」も楽しめるのでおすすめ。

水出しパックを否定するワケではないですが、私はやっぱりどんな風味の豆かわかっている方が、飲むときの楽しみがあって好きです。

ちなみに

私は豆から水出しをつくるときは、タリーズの豆をよく使います。

リーズナブルで美味しく、また種類も豊富なので、味わいの違いを楽しめるのがいいんです!

りょんじじ
りょんじじ

意外、と言ったら失礼ですが、タリーズの豆は普通に美味しい。

>>【まずいって本当?】タリーズのコーヒー豆で淹れてみて思う本音

ただ、コスパは圧倒的にパックです(笑)

キーコーヒー_水出しパック

しかし、

水出しは、コスパでは圧倒的にパックです。

というのも、粉からつくると、1回(650ml抽出)で約50gの豆を使うからです。

具体的には、

使う豆が100gで1,000円と仮定すると、1回で500円…という計算になります。

抽出量はパックの場合とさして変わらないので、コスパ面ではパックに敵わないのが正直なところなんです…。

なので、水出しコーヒーをつくるときは、「美味しさ」をとるか、「コスパをとるか。

りょんじじ
りょんじじ

私もいつも迷います(笑)

>>【実はコスパ悪い?】水出しコーヒーの自作はお得なのか問題

【実践】普通の粉で作る水出しコーヒー

今回使ったハリオ(HARIO)の水出しポット

ちなみに

水出しを粉からつくるときは、ストレーナー付きの専用ポットを使う必要があります。

有名どころの値段をまとめると、こんな感じ。

メーカー名商品画像値段
HARIO(ハリオ) 今回使ったハリオ(HARIO)の水出しポット1,380円-
iwaki(イワキ) 1,980円-
DEAN&DELUCA3,080円-

私の愛用しているハリオのポットでの「作り方」については、こちらの記事でパパっとまとめてみたので、ぜひご覧ください。

>>【粉から淹れる水出しコーヒー】ハリオのポットでの作り方まとめ

さいごに

では、さいごにまとめです。

水出しを粉からつくるとどうなの?
  • 私はパックより美味しい、と思う
    • コクがあってスッキリ
    • ただ、コスパでは圧倒的にパック

専用のポットと豆があればカンタンにつくれるので、ご興味ある方はぜひ1度粉から水出しコーヒーつくってみてください。

ということで、今回は以上。

りょんじじ
りょんじじ

この度はありがとうございました!

ぜひ、当サイト「ハンドドリッ部」の関連記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました