【まずい?】小川珈琲プレミアムブレンドを飲んだ正直すぎる感想

※この記事はPRを含みますが、当サイトの厳格なプライバシーポリシーに則って制作しています。

コーヒー豆

どうも、ハンドドリッ部のりょんじじです。

本記事では、小川珈琲の「プレミアムブレンド」を飲んだ感想をお伝えします。

りょんじじ
りょんじじ

飲んでいたコーヒー豆がなくなり、新しい味わいを探していて出会った小川珈琲。

Amazonのレビュー欄をみると、基本「好評」でしたが、ネットには「まずい」というワードもあり少し不安でした…。

結果、家の近くのスーパーに売ってたので買ってみました。

本文では、私のぶっちゃけで「よくないと感じた点」も綴っているので、同じようにお悩みの方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ハンドドリッ部・部長
りょんじじ

・コーヒーを愛するブロガー
・1年で飲んだコーヒーは20種類以上
・元カフェ店員
・夢は「カフェ」を開くコト

りょんじじをフォローする

まずい?小川珈琲を飲んでみた感想

前提として、今回購入したのは小川珈琲のプレミアムブレンドの豆タイプ。

りょんじじ
りょんじじ

家で挽いて、ペーパードリップしました。

粉タイプ、あとドリップバッグもありましたが、今回は豆から淹れてみました。

結論:スッキリした味わい

さて、味わいの結論は「スッキリ」でした。

いわゆる「酸味が強い」味わいで、どちらかというと「薄め?」と言えばいいんですかね。

実際、ブレンドの詳細をみると、5種類のうち3種類が「浅煎り」でした。

なので、酸味の強いコーヒーが好きな方にはおすすめです。

以下、小川珈琲のプレミアムブレンドの詳細です。

  • ブラジル(深煎り)
  • ブラジル(浅煎り)
  • メキシコ(浅煎り)
  • コロンビア(中煎り)
  • エチオピア(浅煎り)

  

ちなみに

小川珈琲の公式によると、プレミアムブレンドは「バランスの取れた味わい」とのこと。

下記、画像参照。

Amazon 小川珈琲「プレミアムブレンドより。

うーん。

りょんじじ
りょんじじ

個人的には酸味を強く感じたな、という感じでした。

  

小川珈琲のメリット / デメリット

さて、本項では小川珈琲プレミアムブレンドのメリット / デメリットをお伝えしていきます。

小川珈琲「プレミアムブレンド」
  • デメリット:酸味が強い
  • メリット①:リーズナブル
  • メリット②:ギフトでも贈りやすい

順番にみていきましょう。

デメリット:酸味が強い

お伝えしている通り、小川珈琲のプレミアムブレンドは酸味が強かったです。

デメリットではないですが、酸味が強いコーヒーが苦手な方は、間違っても選ばない方がいいです。

  

りょんじじ
りょんじじ

私は間違えちゃいました…(笑)

コクのあるコーヒーなら、同じ小川珈琲だと「コーヒーショップブレンド」が人気です。

  

関連記事:【ガチ厳選】コーヒー好きが飲んでよかったコーヒー豆BEST3

メリット①:リーズナブル

小川珈琲は全体的にリーズナブルで、財布に優しいのがありがたいポイント。

プレミアムブレンドは、1袋で約650円でした。

160g入ってるので、1杯10g使うと仮定すると、1杯40円

りょんじじ
りょんじじ

コンビニより全然安い!

100gで2,000円以上のコーヒー豆があることを考えると、それなりの味わいを安く楽しめるのは、さすが小川珈琲だな、と思います。

メリット②:ギフトでも贈りやすい

また、調べてみると「ちょっとした贈り物」としてのニーズがありました。

ドリップバッグの種類が豊富、かつ季節の「限定ブレンド」のパッケージが可愛い…。

りょんじじ
りょんじじ

例えば、こんなんですね。

リーズナブルな分、ギフトで贈る前に味も確認できるのも、人気な理由の1つでしょう。

Xでは、「もらってよかった」系のポストが結構みつかりました。

さいごに

では、さいごにまとめです。

本記事のまとめ
  • 小川珈琲「プレミアムブレンド」は酸味が強かった
    • でも、リーズナブル
    • ギフトとしての需要もある

  

私は、毎朝コーヒーを飲んで1日をスタートさせているのですが、これが幸せです。

味も大事ですが、コーヒーを淹れるという行動そのものがすごくいいんですよね。

プレミアムブレンドが終わったら、小川珈琲の他のブレンドも挑戦してみようかな、と思います。

りょんじじ
りょんじじ

ということで、今回は以上。

ご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました