【実力派】メリタのコーヒーミル「クラシック」を徹底レビュー

※この記事はPRを含みますが、当サイトの厳格なプライバシーポリシーに則って制作しています。

【実力派】メリタのコーヒーミル「クラシック」を徹底レビュー ハンドドリップ

どうも、ハンドドリッ部のりょんじじです。

今回レビューしていくのは、メリタの手動コーヒーミル「クラシック」

りょんじじ
りょんじじ

これですね。

(価格は2024年2月現在、Amazonで¥2,800でした。)

結論としては、

手動ミルだったら、これで間違いない

です。

「1年愛用した」中の人が、機能面・コスパ等、本文で詳しくお伝えします。

メリタ コーヒーミル「クラシック」を1年愛用してみた

早速、詳しくお伝えしていきます。

総合評価:85点(コスパよしの買い物でした)

まず、総合評価は「85点

1人用のコーヒー豆を挽く分には、何1つ不自由ありませんでした。

値段も(Amazonで¥2,800)とリーズナブルなので、機能面を考えると、コスパはいいと思います。

ぶっちゃけ、掃除はしづらい

ただ、1つ。掃除は少しめんどいです(笑)

ワタシみたいに、

りょんじじ
りょんじじ

しっかり掃除するんのはたまにでいいや(適当)

と思う人は、心配ありませんが(笑)

(実際、毎日手入れすべきなんですかね…?)

ちなみに

この機会に、久しぶりに解体して、「フキフキ」してみたので、共有させてください。

メリタ コーヒーミルを掃除中

①まず、なんもせずにとれる部分から。

メリタ コーヒーミルを掃除中②

②続いて、ドライバ―を使って、ネジを外していきます~。

メリタ コーヒーミルを掃除中③

③全バラシ!!!

って感じで、不器用な私は20分くらいかけてお掃除しました。

りょんじじ
りょんじじ

解体はまだいいんですけど、「復元」が苦手です(笑)

でも、刃の耐久性は◎

1年愛用した感覚では、刃の耐久性は「◎」

私自身、すっごいこだわりをもってコーヒーを淹れてるワケではないのですが、今でもこのミルで挽いた粉で美味しいコーヒーを楽しめています。

粉砕しながら、豆の香りも楽しめた

また、

このメリタのクラシックは、蓋を閉じて粉砕ではないので、香りを楽しみながら挽くことができます。

コーヒー豆は粉砕するときに1番香る、とも言われますし、余すところなくコーヒーを感じれるのは嬉しいポイントでした。

>>メリタ コーヒーミル「クラシック MJ-0503」

買ったあと、他のミルにすればよかったと後悔してない?

買ったあと、他のミルにすればよかったと後悔してない?

ちなみに

買った後の後悔はそんなないです。

手動ミルで言うと、

  • カリタ
  • oceanrich
  • ポーレックス

など、その他メーカーのモノもありますが、カリタ以外は結構高いんで、全然よかったです。

(カリタのミニミルは¥3,000ほどで、その他は¥7-8,000くらいです。)

>>メリタ コーヒーミル「クラシック MJ-0503」

さいごに

では、さいごにまとめです。

メリタ「クラシック」を1年愛用してみて
  • 1年、普通に使えました
  • コスパ:◎
    • Amazonで¥2,800
  • 掃除:△
  • 歯の耐久性:○
  • 粉砕時の香り:○

手動ミルのなかでは何1つ問題なく、人におすすめできる代物です。

りょんじじ
りょんじじ

ズリズリって音もいいですよね!

ぜひ、挽きながら香りを楽しんで、美味しいコーヒーを召し上がってください。

タイトルとURLをコピーしました