【デロンギの電気ケトル】調べてわかった2つのデメリットとは?

※この記事はPRを含みますが、当サイトの厳格なプライバシーポリシーに則って制作しています。

ハンドドリップ

どうも、ハンドドリッ部のりょんじじです。

本記事では、デロンギの電気ケトルのデメリットを紹介していきます。

私自身、美味しいコーヒーを淹れるためのケトルを探して、みつけたデロンギの電気ケトル。

おしゃれでコーヒーも淹れやすそうな反面、

りょんじじ
りょんじじ

コレ、よくないところもあるよね?

と、デメリットも気になり、ネットやらXやらで調べました。

本文では、その結果わかったデメリットをお伝えしていきます。
>>デロンギ 公式サイト

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ハンドドリッ部・部長
りょんじじ

・コーヒーを愛するブロガー
・1年で飲んだコーヒーは20種類以上
・元カフェ店員
・夢は「カフェ」を開くコト

りょんじじをフォローする

デロンギのケトル、デメリットは2つ

参照元:公式サイト

結論、デロンギのケトルには2つのデメリットがありました。

デロンギのケトル2つのデメリット
  • 使用中は取っ手 / フタ以外はアツくなる
  • 正直高い

順番にみていきましょう。

①使用中は取っ手 / フタ以外はアツくなる

まず、使用中のケトル本体の熱さです。

お湯を沸かしてるので仕方ない部分ですが、取っ手・フタ以外は熱くなり、万一触れると…。

(アチッ)

これ、普通に使う分には支障ないし、ケトルならしょうがない部分ですが、使用中にお子さんとかキッチンに入ってくるとドキッとしちゃいますね。

※取っ手以外が熱くなる、というレビューはにっち―日記さんを参考にさせていただきました。

②正直高い

もう1点、デメリットは「高いコト」でしょう。

りょんじじ
りょんじじ

これはもう個人的な1番のネックで、どうにかならないか、悩んでいます(笑)

デロンギの公式サイトをみると、値段の幅は「¥6,980~14,800」ですから。

  

ただ、公式サイトを長い時間みてたら、「10%OFFクーポン」がもらえました。

COACHとか、ブランド店でもたまにある、買いそうな人にはクーポンくれるヤツですね。

(↑ アウトレットの店舗限定かもですが。)

  

話それましたが、ともかくデロンギの公式サイトだと、10%OFFクーポンがもらえるコトは事実です。
>>デロンギ 公式サイト

私がデロンギの電気ケトルを買いたいワケ

さて、本項では、私がデロンギのケトルいいな、と思うポイントをお伝えします。

  • 毎日使うからいいケトルが欲しい
  • 美味しいコーヒーを飲みたい

毎日使うからいいケトルが欲しい

まず、たかだかケトルでも「いいモノ」を使って、毎日の幸福感をあげたい、という気持ちがあります。

りょんじじ
りょんじじ

ブランドの財布、みたいな(笑)

しかも、ケトルって使わなくても、キッチンにいてくれるので、できるだけ気分が上がるものがいいな…と。

美味しいコーヒーを飲みたい

また、美味しいコーヒーを淹れたい、飲みたいという想いもあります。

実際、デロンギのケトルはこんな風に口がほそ~いので、ドリップの蒸らしがうまくできそう…!!!

参照元:公式サイト

というのも、私自身、今は「やかん」でコーヒー淹れてるので…。

口が細いケトルなんてザラにあると思いますが、なかでも「デロンギだから」欲しいな、と思っちゃってます。

りょんじじ
りょんじじ

コーヒーオタクにとって、デロンギっていつか使ってみたいモノなんですよね。

さいごに

では、さいごにまとめです。

デロンギのケトル2つのデメリット
  • 使用中は取っ手 / フタ以外はアツくなる
  • 正直高い

  

極論いうと、ケトルあるあるのデメリットでした。

なので、ぶっちゃけ、お湯さえ沸けばいいや、という方にはもっと安いケトルで良いと思います。

ただ、私のようにコーヒーをきちんと淹れたいなら、ちょっと高くても、後悔しないお金の使い方になるでしょう。

公式で買えば10%OFFクーポンがあるので、少し安く買えますし。
>>デロンギ 公式サイト

ということで、今回は以上です。

ご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました