【なんか嫌な味】コーヒーの酸味を抑えるカンタン3つの方法

※この記事はPRを含みますが、当サイトの厳格なプライバシーポリシーに則って制作しています。

ハンドドリップ

どうも、ハンドドリッ部のりょんじじです。

本記事では、「コーヒーの酸味を抑える3つの方法」をお伝えしていきます。

りょんじじ
りょんじじ

では、早速いきましょう。

スポンサーリンク

ハンドドリップでコーヒーの酸味を抑える方法

ハンドドリップでコーヒーの酸味を抑える方法

まず、紹介するのはハンドドリップにおける「コーヒーの酸味を抑える方法」です。

コーヒーの酸味を抑える3つの方法
  • 深煎りのコーヒー豆を使う
  • 挽き目を細かく
  • お湯の温度は90°

順番にみていきましょう。

①深煎りのコーヒー豆を使う

コーヒーは「豆の焙煎度」によって、味わいが大きく変わります。

なので、

酸味よりも「苦味」が強い味わいを求める方には、「深煎り」がおすすめ。

りょんじじ
りょんじじ

豆にもこだわっちゃいましょう。

②挽き目を細かく

続いて、「挽き目」

挽き目は、細かい方が酸味が抑えられます。

詳しく言うと、

酸味が抑えられるというか、細かい挽き目の方が「苦く」なり、粗いと「すっきり」といったところです。

なので、酸味を抑えたいときは、気持ちいつもより細かく挽いてみてください!

③お湯の温度は90°が目安

さいごは「湯温」です。

コーヒーは、基本90°ほどのお湯でドリップするのがおすすめ。

というのも、90°より低いと「酸味」が目立つ、と言われているから。

(逆に、湯温が高いと「苦味」が目立つそう。)

まあ、ぶっちゃけ「湯温」までこだわるのは面倒くさいかもですが、今より美味しいコーヒーを淹れてみたいなら、1度試してみてください!

りょんじじ
りょんじじ

ちなみに

温度計は、タニタのデジタル温度計がおすすめです。

アイスコーヒーの酸味が気になる方へ

アイスコーヒーの酸味が気になる方へ

アイスコーヒーの酸味が気になるかなー。

という方もいるでしょう。

ということで、本項はアイスコーヒー編です。

水出しコーヒーという選択肢

アイスコーヒーの酸味が気になる方には、「水出しコーヒー」がおすすめです。

というのも、一般的に水出しの味わいは「まろやか」と言われるから。

実際、

私も、よく「パック」それから「粉から」つくって飲みますが、普通に美味しいです。

水出しは「パック」で手軽につくれるので、ぜひ試してみてください。

>>【どれが1番?】大手3社の水出しコーヒーパックを飲み比べた結果

さいごに

では、さいごにまとめです。

この記事のまとめ
  • ハンドドリップで酸味を抑える方法
    • 深煎りの豆を使う
    • 挽き目は「細かく」
    • 湯温は90°(低いと酸味が目立つ)
  • アイスコーヒーの酸味が気になるなら
    • 水出しコーヒーがおすすめ

ということで、今回は以上。

ご紹介した器具はこちらです。

この度はご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました