【カフェは何時間までいていい?】迷ったら意識すべき3つのポイント

※この記事はPRを含みますが、当サイトの厳格なプライバシーポリシーに則って制作しています。

【カフェは何時間までいていい?】迷ったら意識すべき3つのポイント スターバックス

どうも、ハンドドリッ部のりょんじじです。

悩む人
悩む人

カフェってどれくらい長居してもいい?
店員さん、早く帰れ、とか思ってたりするのかな…。

本記事は、こんなお悩みを解決します。

結論は、カフェによる、です。

例えば、

スタバ・タリーズはカフェのなかでは安く、どちらかというと回転率重視なので、長居はしてほしくはないでしょう。

しかし、ルノアールのような高級感のある喫茶店は、長居される前提なので、雰囲気もゆったり目で、値段も高いです。

と、こんな風にお店のことを考えられると、非常にスマート

本文では、実際にカフェチェーンでバイトしてた経験もある私が、スタバ・タリーズで「もう少しいたい」と、思った時に意識するといいコトまでお伝えしていきます。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ハンドドリッ部・部長
りょんじじ

・コーヒーを愛するブロガー
・1年で飲んだコーヒーは20種類以上
・元カフェ店員
・夢は「カフェ」を開くコト

りょんじじをフォローする

【マナー】カフェは何時間までいていいか

カフェの滞在時間は、お店がギチッと決めてなければ、お客さん判断になります。

注意されると思いますが、1日いることだって、できなくはないです。

個人的には2時間がベスト

りょんじじ
りょんじじ

そんなカフェですが、個人的には2時間くらいがベストかな、と思います。

お店のこともそうですし、自分以外のお客さんのことも考えると、これくらいかな、と。

実際、

私の近所だと、下記のような時間設定を設けてるカフェが多いです。

  • タリーズ:2時間
  • コメダ:90分(混雑時)

店員の気持ちはどう?

また、店員側の視点からみると、何時間もいる人は大体わかります。

客席をフキフキしにいったときに、

「あの人、まだいる」

みたいなのは思います。

けど、混んでなければ、別に何も思いません。

混んでなければ、回転率どうこういっても仕方ないので、気の向くまま過ごしてくれるといいな。

りょんじじ
りょんじじ

また来てくれるといいな、と私は思っていました。

(コレ、本当です)

ですが、混んでたら、

「ん~~ちょっとね~~」

とは思いますね。

カフェの滞在時間の3つのポイント

ということで、カフェの滞在時間で迷ったら意識したい3つのポイントをお伝えします。

  • お店の混み具合
  • 注文するメニュー
  • お店側のルール

順番にみていきましょう。

①お店の混み具合

まず、お店の混み具合は意識したいポイントですね。

たくさん人が来るのに、ずっと客席があかなければ、お店としては痛い、ですから。

客視点でみても、友達とか恋人とカフェにいって、作業してる人に占領されてると、なんか嫌な気持ちになりますしね。

スポンサーリンク

②注文するメニュー

注文するメニューもポイントです。

というのは、お店的には、フードも頼んでくれるとありがたいから。

長居する分、対価は払う、そんな意識がもてたら最高です。

③お店側のルール

あとは、お店のルール次第、ですね。

貼り紙とか、特にないなら、そこまで滞在時間について気にする必要はないと思います。

というのは、貼り紙がないということは、そこまで回転率の悪さに困ってる、ということではないから、です。

夕方になると、学生がめっちゃ勉強しにくる、みたいな店舗は、きちんと時間制限を設けますよね。

カフェで勉強するのは非常識?

スタバで勉強するのは恥ずかしい?

少し触れましたが、カフェでの勉強については、別の記事にまとめてみました。

りょんじじ
りょんじじ

読んでいただければ嬉しいです。

関連記事:【スタバで勉強は恥ずかしい?】元カフェ店員が本音語ります

さいごに

では、さいごにまとめです。

カフェの滞在時間のマナー
  • お店の形態によりけり
    • 「客単価重視」か「回転率重視」か
    • 個人的には2時間、が1つの目安
  • 迷ったら意識したいポイント
    • お店の混み具合
    • 注文したメニュー
    • お店のルール

ちなみに

コーヒーに関しては、趣味として家で淹れちゃえば、わざわざカフェに行く必要はなくなります。

こちらの記事では、「コーヒーを趣味にしてよかったこと」と題し、誰でもできるカンタンな始め方までまとめました。

りょんじじ
りょんじじ

こちらも読んでいただければ嬉しいです。

この度は、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました